トランシーバーは購入するよりレンタルが断然お得

婦人
  1. ホーム
  2. 専用線でAWSが使える

専用線でAWSが使える

システム

セキュアなクラウド利用に

クラウドを利用する際に、どうしても気になるのがセキュリティの問題である。そこで使えるのがawsダイレクトコネクトだ。awsダイレクトコネクトなら企業ネットワークからawsまでの経路も専用線で防御出来、企業内拠点と同じポリシーで閉域網接続と制御が可能になる。社内ポリシーが閉域回線以外での拠点間通信やデータセンター接続を禁止している影響で、クラウドが使えなかった企業でもawsダイレクトコネクトがあれば、拠点間通信と同じ基準での運用が可能となる。コスト面での利便性も高く1Gか10Gでの容量も選べる。awsダイレクトコネクトを使えばセキュアに他のシステムを介す事なく大陸間の超高速帯域を活かした数十万人規模の同時高解像度配信などにも可能性が開けてくる。30日で15万円ほどが10Gバイト接続を選択した場合の相場感だ。一方で、金額面についてはあらかじめ確認しておく必要があるだろう。導入可能な金額かどうか、押さえておくことが大切だ。awsダイレクトコネクトには無料のお試し期間も用意されているため、利用すると良いだろう。また、awsダイレクトコネクトが優れているのは、その拡張性だ。用途に応じて接続を拡張することができる。逆に、縮小することもできるのだ。それ以外にも新設拠点のバックボーンネットワークや業務セグメントを完全にAWSで構築しセキュリティを確保した上で拠点開設に掛かるコストや期間を圧縮することが期待できる。なかなか期待出来るサービスが出て来た。